2017年4月14日金曜日

TrainingPeaks導入 / 水族館

月:ローラー2h 185w Roubex見ながら
火:休み
水:ローラー1h 282w
木:ローラー30m 310w(20m 323w)+30m 284w(10m 326w)
金:ローラー100m 236w

今週平日は低調な感じ。木曜にLTレベル20分を2本いこうとしたが1本ギリギリできたというぐらい。やはり5h 250wのダメージがけっこう大きかったいうことか。

私は日々のトレーニングで強度の(ある程度)客観的な指標としてパワーメーターを用いているだけで、それを用いてトレーニングメニューを計画したりといったパワートレーニングをしているわけではないです。学生やプロではないので、あらかじめメニューを計画しておいてもその他のことなどで練習ができなくなることも多いし(とか言いつつ何とか継続してるけど)、そうなった時に計画していたことができなくなることが続くと嫌なので、何となくこの時期はこのぐらいの練習量をこなそうとか、週に1度ぐらいはこのぐらいの強度の練習を入れようとか大まかな計画をかんがえているだけで、その日の練習は予定や体調をみつつその時に決めてやっていますし、練習中に変更することももちろんあります。
ただ前から、CTLやTSBなどの指標をみて、全体的なフィットネスレベルや疲労などの確認はしたいな〜と思っていて、以前たなか君にも金チーターを使うのを教えてもらったりもしたのですがファイルをいちいち転送したりするのが面倒なので放置しておりました(相当な面倒くさがりなもので…)。
つい先日、TrainingPeaksが一部は無料で使えて、さらにGarminからのデータの転送も自動でやってくれるということを知ったので(いまさら?)、試しに入れてみることにしました。
Garminからは自動転送してくれるようですが、さすがにこれまでの過去のデータまでは送ってくれないみたいだったので、GarminConnectの個々のログをTCXファイルを に落としてから手動でTPへ移動。個々のログの右上にある設定アイコンのところの「TCXにエクスポート」をクリックするとダウンロードできたので、ひとつひとつダウンロード。CTLは過去9週間程度(?)のトレーニングを指標にしているらしいので、2017年1月からのログをせっせとダウンロードしましたよ…。
めんどくさかったですがおかげで現在のCTLとかのグラフがちゃんと出ました。素晴らしい…、こんなのがFreeで使用できるとは。あまりよくわかってないのでもう一度パワートレーニングバイブル読んで勉強しておこう。
 
金曜の時点ではこんな感じ。
通勤のログは取ってませんが、疲労具合をある程度考慮するためには入れといた方がよさそうなので、往復30kmを150w程度で計算して25TSSを手動で入力しておくことにしました。
フィットネスレベルはまだまだといった感じですが、これからちょっとずつ伸ばして11月にピークを持ってこれるようにしようと思います。たなか君は130CTL以上までいっているらしい?彼のストイックさには感銘を受けることが多いですが、これについてはまた別の機会に。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今週は平日に友達と水族館に行ってきたらしい。
 
 
仲良し3人組です。
 
コーヒーとか、こういう大人の嗜好品がけっこう好きらしい…(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿