2017年12月15日金曜日

Strength trainingの方向性

12/11(月) ローラー15m 213w NP225w
      Strength training
12/12(火) ローラー80m 252w(60m281w) NP265w
12/13(水) ローラー80m 256w(60m281w) NP267w
12/14(木) ローラー80m 222w NP229w 
      Strength training
12/15(金) Jog30m
      ローラー73m 261w(60m284w) NP273w

思うところがあり(後述)、月曜からStrengthは一旦自重でよりStabilityや動きを意識したものにチェンジしてトレーニングしていくことに。早速感覚的にも数値的にも復調してきた感があるがこれはどう捉えるべきなのか…。

ウエイトトレーニングを再開し、挙上重量やRep数は順調に伸び、筋量も増えている一方で肝心の自転車のほうは明らかに低調であった。体重が増えて上りが遅くなったとかなら全然気にしないけど、出力自体が出ないし、感覚的にも身体の動きが悪い。


木曜にブリッジをトレーニングに組み込んでみたところ、股関節伸展が全然できなくなっていることに気づく。0°以下になっているんじゃないかと思うレベル。鏡で横からの立ち姿を見てみたら、腰椎前彎・骨盤前傾・股関節屈曲が増強されている(いわゆるへっぴり腰の姿勢)ような気もする。身体の柔軟性(関節可動域)は全体としては悪くはないと思うのだが、この股関節伸展方向の柔軟性は昔から悪く、さらに悪化している印象。

自転車ばかりやっているとずっと股関節屈曲位で動かしているので、屈筋群が短縮してくる。
それに加えてウエイトで大腿四頭筋に強い負荷をかけ続けたためか(それより前からすでにあったのかもしれない)柔軟性がさらに低下していたようだ。朝のDynamic stretchなどで腸腰筋や大腿直筋など屈筋群のストレッチはしているつもりでいたが、不十分だったことに気づいた。

ランニングをやっているときは、立位で後方に蹴り出す動きがあるために股関節伸展方向への運動を繰り返すことになり、自然と股関節屈筋群は伸展されることになる。またこのFlexibilityが重要なので下肢を後方にぶらぶらと振るDynamic stretchを取り入れたり、意識して可動域を広げるようにしていた。
そういうことも考えると、シーズンオフにランニングなど他の運動を取り入れることは身体のアンバランスに気づいたり、修正をかける意味でもやはり重要なのかも。週1回ぐらいは入れてこうかな。

自転車しかやってない方は知らず知らずのうちに動かなくなっている部分がある可能性があるので、いまいち身体の動きが悪いと思っている方はよかったら一度チェックしてみてください!

そんなこんなで自分のStrength trainingの方向性に悩んでいたところ、よく見ている著名なS&Cコーチの河森氏のブログにちょうどこんな記事が。

きっとその通りなんだろう。
しかし、おそらく一流のStrengthコーチやセラピストをつけてトレーニングを行うことができるはずであるプロ野球選手でもこういうことになりうるということだ。まあブログにもあるようにメディアがどの程度正確な情報を書いているのかわからないので何とも言えないですが…。

ウエイトトレーニングはむしろ身体の柔軟性を上昇させると言われているが、トータルで身体をメンテナンスすることを怠ると身体のアンバランスを招くことになる気がする。
ウエイトで成果を上げることができる人は、本当のプロ(そういう人がどの程度いるのかという問題…)にそれをチェックしてもらいながら行って全体としてのバランスが損なわれないようにできるか、自分で気づいて修正をかけれるか、または特に何もしなくてもバランスが崩れない人なんであろう。

そういう、ただやるだけで成果が出ている人以外は、信頼できるプロを見つけてコーチングしてもらい、さらに身体のメンテナンスを行うこととセットでウエイトトレーニングを組み込まないとパフォーマンスアップには繋がらないような気がする。普段の競技のトレーニングもしつつ、それだけのことが可能な一般社会人がどれだけいるのだろうか…。

私の場合、ボートをやっていた以前からの経験上(前書いた記事参照)でもウエイトをすると筋力は向上してくるものの、必ず競技の動きが悪くなってくる。それがどういう原因なのかわからない。フォームなどが悪くて不必要な部分に負荷かがかかり、不自然な筋運動パターンが入力されてしまうのか、身体の筋量や柔軟性が変化することで、バランスが崩れるのか…。
しかし現実問題としてはウエイトをやりながら自分で修正することができないし、また定期的にプロにチェックしてもらえるような環境にもないので、とりあえずいったんは自分単独でやってても今までで効果がみられてきたStability系のトレーニングなどをStep upさせてやっていく方向に切り替えました。
今度一度、Strength trainingのセミナーに参加することになっているのでその時にチェックしてもらったり、いろいろ質問してみよう。

ウエイトで成果をあげているアスリートもたくさんいるし、研究でもLTやVO2maxの向上、Economiyの改善、ラストスパートでの出力向上などを示唆するエビデンスもあるので(この分野でEBMを信じすぎるのもアレな気もしますが…)、一応理系の人間としては多くの場合効果があると思いたいのですが(自分をNon-responderであると安易に決めつけたくはない)。
一方でいつもこれも思い出すんだよなあ(笑)













2017年12月13日水曜日

初めてのトラック / イルミナイト万博②

12/7(木) ローラー75m 275w NP278w(60m287w)
12/8(金) ローラー50m 207w NP212w
     Strength training
12/9(土) ローラー30m 205w NP225w
12/10(日) トラック練習@向日町競輪場
      ローラー90m 250w NP256w(75m263w)

先週は仕事などとの兼ね合いにより週3回Strength trainingを実施。そして肝心の自転車活動は低調なまま…。(また次回に記載予定)
日曜日は京都サイクルクラブが開催している月1度?の練習会に参加してみることに。

お世話になっている店長の山脇さんにアドバイスをいただきながら、初めてのバンク走行を、これも初めての固定ギアバイクをレンタルして行いました。
はじめは、自転車にブレーキがないことや、バンクの傾斜からずり落ちるんじゃないかと恐怖を感じていたものの、終わるころにはだいぶ慣れた感が。
トラックでスピードを養成したり、駆け引きを学んだりすることがおそらく自分にとって必要なことなんだろう。というか必要とか以前に楽しかったし、できることなら毎日やりたいぐらいですが。トラックやっている人って日々どうやってトレーニングしてるんだろ?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
土曜は仕事から昼過ぎに帰宅後に息子と万博公園へ。

到着時はまだ始まっておらず、とりあえずアスレチックなどある広場へ。


クリスマスの企画?で迷路や滑り台などがあり、これがやりたいと迷路へ。


綱登りなどを。


トレーニング後はプロテイン(私の)と、

漢なら干し芋。

干し芋の甘さが染み渡ります。

日が暮れて、昨年もあったイルミネーションを通過してまたTaroへ。

10分ごとにやるのですが、クソ寒い中見たいというので3sessionも。
子供は風の子というのは間違いないです。風邪の子でもありますが…

2017年12月6日水曜日

週末から / イルミナイト万博

12/2(土):箕面~余野ファミマまで 45㎞ 178w NP217w
12/3(日):ローラー60mぐらい 20m304w
12/4(月):ウエイト
12/5(火):ローラー60m 232w
12/6(水):ローラー80m 245w NP252w(60m262w) ウエイト

先週から自転車の調子がかなり悪い。土曜日はマツケンさんが戻ってきてたので久々に外へ走りに出かけたけどまるで動けず。
ウエイトをしっかりと始めたらマッスルメモリー的なものがあるのか一瞬で身体が膨れ上がった感があるが、そのせいか現在一時的に(?)身体の可動域がかなり低下している。イメージとしては筋肉のボリュームが増した一方で筋膜のサイズが追い付いていなくて、筋膜の中でパツパツになっているような、そんな感覚。実際に何が起こっていて動きが悪くなっているのかはわからないですが。
さらにウエイトでダメージを受けた影響か動かなくなっている部分があるようで、自転車を漕ぐと(筋肉の)動くところで頑張って、動かないところが邪魔をしているような感覚。
あ~こういうのがずっと続いていたからウエイトすることの意義に疑問を感じて嫌になってやめたんだな、と思い出したけど、逆にとらえるとダメージを受けて漕げなくなっているということは、重要な部分にいい負荷がかかって漕げなくなっていると言えると思うのでこのまま続けていこう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
土曜日は練習後に堀井さん家にお呼ばれして、Sadaさん、コウジさんらファミリーとBBQファミリー会(写真撮り忘れた)。
息子が途中から調子に乗って暴れ始めのでご迷惑をおかけしましたが、楽しい時を過ごせました。みなさまありがとうございました。
堀井さんのトレーニングルームが裏山…

解散後にそのまま万博公園へ。

この前も行ったマリア様の像の前で。

少しだけOrbiにて。

この日の目的は昨年も何度も行ったTaroのイルミネーション。

今年も光ってました。

帰宅してからのトレーニング、息子を背負ってスクワット。


しかし我が家にはもっとすごい方がいます。

これを見ておいおい、旦那が抱っこしろよと感じるかと思いますが、寝ぼけているのでママしかダメな時なのです。
私が勝手に「自衛隊員」と呼んだりしていますが、妻のタフさはお世辞などではなく相当なレベルだと思います。母の強さには敵いません。

2017年12月2日土曜日

平日練習 金曜まで

月:ローラー50m 255w NP264w
     ウエイト
火:ローラー75m 257w NP270w(60m 282w)
水:ローラー60m 211w NP215w
木:ローラー20m 247w NP274w(10m 315w) 寝坊
  ウエイト
金:ウエイト
        ローラー60w 170w

今週は2度寝してしまったり、金曜はウエイトのダメージで動けずだったりお疲れの様子。
ウエイトを開始しているが、明らかに以前に比べて落ちているのを感じる。まあずっとやっていなかったので当たり前なんですが。
かつて80㎏ぐらいをガシガシ上げていたベンチプレスも45㎏でひいこら言っているし、L字懸垂など以前はできていたことが全然できなくなっている。
それでも今のところ、やるたびに挙上重量が増えたり、少しずつ以前のように動けるようになってきてて身体が活性化しているような感覚がするのはうれしいことだ。
おそらく3か月から半年ぐらいである程度はプラトーに達する気がするけど、今年はできたら最後までその筋力を維持できるようにシーズン中も週1ぐらいで続けたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大分四肢が伸びてきたな、という印象。

癒しの一枚。

2017年11月27日月曜日

週末ローラー / 帰省

土:ローラー70m 270w NP276w(60m 282w)
日:ローラー60m 307w(ラスト10m 323w) +30m

今週末もローラー活動を。
そんなに気合い入れなくてもパワーが出ているので気持ちがいい。この冬は何となくトレーニングがうまく行く気がする。このまま積み重ねてピークパフォーマンスを更新したい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
土曜は仕事が終わってから名古屋に帰省。

娘はこの姿勢が落ち着くようでこのまま抱いていてもご機嫌でいることが多い。息子の時は考えられないことだったが…

祖母と。つまり子供達にとっては曾祖母だ。私も自分の曾孫を抱けるまで頑張って生きよう。それには子孫達にも頑張ってもらわなあかんけど。

夜、もう一方の祖母らと食事に。そこには息子が好きそうな像がたくさん…。

気になるわな、そりゃ。

プレゼントにもらった光るピストルのおもちゃを当ててみる。

アマガエルを発見!

席を回って、それぞれに銃をやらせようとする息子氏。そして曾孫に銃を向ける曾祖母。妻曰く、おそらく幼稚園の先生が園児達を集めてそれぞれに何かをtryさせたりするのを真似してるんじゃないかと。幼稚園で覚えてきた我々の全く知らないことを突然やり出したりするので面白い。


翌日は妻方の実家へ。

いい友達です。

2017年11月24日金曜日

ツール・ド・おきなわ振り返り①体重編

というわけで、また自分の体重に関する知見が得られているので、今シーズンの体重コントロールに関して振り返ってみます。今シーズンは色々と試してみたおかげで最大で10㎏以上の体重の振れ幅(57-69㎏)があり、そのせいでパフォーマンスの変動も大きかったですがそこから収穫も得られたシーズンでした。
とりあえずまともに練習を開始した4月ごろからの体重推移がこちら。

右端のSpikeはつい先日のものですが、戻りつつあります。

ちょうど4月に導入したTrainingPeaksのAppに睡眠時間や体重を記録することができたので、基本的に毎朝起床時にパンツ1丁で体重計に乗り測定していました。
昨冬のブログを見返してみると沖縄後の暴食習慣がやめられずMax69kgぐらいまで増加していたようですが、反省して少し持ち直し、4月から外でのロングライドが増えるに従い66㎏程度から徐々に低下。
5/20に東福井~ふわふわで20m測定して今シーズンのピークパフォーマンスの340wを記録してますが、この時の体重が62.7㎏。
この後、富士ヒルクライムに向けて順調に減少していくものの、レース前に食べ過ぎておそらく63㎏程度?レース結果も残念な内容で反省し、7月のニセコクラシックに向けて減量を開始。
急激に減り始め、さらに短い距離での出力はあまり落ちなかったことで、峠で飛ぶように速く走ることができるようになりました。ひょっとしてこのぐらい減量すべきなのか?この体重ならホビーレーサーとして圧倒的w/㎏だ…などととほくそ笑んでいたのもつかの間、57㎏台に突入したあたりから急激な減量がたたり、まるで出力ができなくなり絶不調に。日中の倦怠感もしばらく相当に酷く、ニセコはまともに走ることすら危惧されましたが、しっかり食べることなどで何とかレース前週にはある程度コンディションを回復。レース自体はアレでしたが、それなりのコンディションでは走れました。
この後は短めのオフを挟みましたが、食生活はある程度節制を保ち、ニセコ後も体重61㎏前後を基本的にキープ。その状態でもローラー活動で8月に60m310wが出たことでこれでもいける、と思っていました。(しかし振り返ってみると同じ出力の出しやすさは現在と比べるとかなりキツかったと思う。)
この後は沖縄まで、たまに食べ過ぎで増えたことはありますが一時的なものですぐに修正することができ、特に減量せずに節制を保つだけで微増程度で維持することができました。
この結果、レース1か月前程度からの練習でも減量期特有の枯渇感に悩ませられることなく、質、量ともにしっかりとしたトレーニングを積めることができたとは思っています。ただ、練習での出力的にはピークを更新したりなどはなく、良かった時ほどは出ないな、とは感じていました。
レース1週間ほど前もとくに食事制限はしなかったので、おきなわ入りした後に食事量が増えた影響でやや増量しておそらく62~63㎏ぐらいでレースを迎えたと思われます。

考察
①昨冬の低調なパフォーマンスについて
昨冬は沖縄後の暴食習慣がやめられずに苦しみましたが、体重増の割に出力自体も低く、さらに復調してきたと思ったら風邪で体調を崩したりもして過去の冬季トレーニングの中でもかなり低調な内容でした。
体重は増えてましたが家庭用体重計でも体組成の内容は悪く、明らかに食生活が悪かった影響と思います。

②富士ヒルクライム後の急激な減量について
当たり前ですがもともとそれなりに絞れている状態から2週間で5㎏程度減量するのは無理がありすぎました。中には適応力があり大丈夫な人もいるかとは思いますが、絶不調に陥りシーズンを棒に振る、というか完全に健康を害する可能性があるので気を付けてください。実際私もそこに片足突っ込んでたと思います。
ただ、ここまで減らすことができることがわかったことと、その状態で出力が維持できればトップクライマーの世界が垣間見えることだけはわかりました。たぶんもうしませんが…。

③ニセコ後の体重維持について
シーズン後半を通して体重を維持でき、レース1か月ぐらい前になっても減量せずにいい練習が積めたのは大きな収穫だと思っています。
ただ急激に減量した際の影響か、比較的長い期間低体重(自分にとって)を維持していたことが原因なのかわかりませんが、筋肉もかなり落ちてしまったのだろうと推測されます。参考程度にしかならないかもしれませんが、家庭用のTANITAの体重計でも以前より徐脂肪体重が落ちて高い体脂肪率を示していました。これまでは60㎏程度まで落とすと5%以下になるぐらいでしたが、今年は7~8%と表示されていることが多く、まあ気のせいだろうと思っていましたがあながち間違いでもなかったのかもしれません。その影響でしっかりトレーニングができてもいまいちパフォーマンスが上がってこなかった(特にLT以上の領域)とも考えられます。

以上の今シーズン反省を踏まえて、もう一度冬の間に筋量を増加し、筋力を高める方針でいってみようと思っています。シーズンに入ってある程度減量する必要がある時も並行して筋力トレーニングを行い、極力徐脂肪体重は維持することに努めようと思います。TKさんも絶対継続すべきとTweetしてたし。
成果が出ない、不調が続いた時などに「ひょっとして筋トレのせいでは?」という考えに負けずに継続し続けることができるかどうかが鍵ですかね…。

これももう一度しっかり読んでみます。

平日練習 体重増で出力が… / 久々に緑地公園

月:ウエイト
火:ローラー60m 255w NP266w(30m295w)
水:ローラー50m 264w NP274w(30m292w)
木:ローラー75m 281w NP291w(60m301w)
金:ローラー60m 213w NP218w
  ウエイト

ローラーも無理のない範囲で1時間程度から再開しておりますが、体重が増えた、というか自分が快適に過ごせる標準体重に戻ったせいか明らかに楽に出力が出しやすい。
こんな時期からハードに追い込もうという気は全くなかったけど、木曜は早くも1h300wに(途中で300w維持できそうだとわかったのでそれなりに頑張ったけど)。沖縄前にBW60㎏程度でも出力は維持できていると思っていたけど、それはどうも部分的には誤りであったことが判明した。
というわけで今シーズンの体重に関する振り返りも書きました。他の機材やトレーニングに関する振り返りもぼちぼち書いていきます。需要があるのか不明ですが、自分の備忘録的にもけっこう役に立つので。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
木曜の休日は近所の緑地公園へ。

家族みんなで来るのは割と久々。妻撮影。


ヌートリアが3匹に増えてた。元からいたのかもしれんけど。かわいい。特定外来生物やけど彼らに罪はない。


息子Strider、私ランニングで追いかけっこを。速くなっていてそれなりに頑張らないといけない。私の痛めた脚ももう大丈夫そう。


紅葉の季節。1本だけとりわけ鮮やかに紅葉した木の周りをまたぐるぐると。


アスレチックに移動し、また追いかけっこを。
はじめは私もやる気がなかったが、しばらく楽しそうに逃げる息子を追いかけていると私も本気になってきて、こやつがバテるまで続けてやろうと延々とアスレチックを登ったり下ったりを繰り返す。しかしばてることはなかった…。


ロープにつかまって移動するアスレチックへ。さすがにこれは何回かやってたらロープを把持する筋力が低下してくるのを感じた。

秋冬の間は時間もあるし、緑地公園へ通ってもっと暴れさせてやろう。


オートミール生活に戻ったので、コスパのいい特大(4.5kg)のものにしてみた。デカい。オートミール自体がけっこう好きなので、特に節制するという意識ではないけど、白米に比べて栄養価も高くGI値も低いし便通もよくなったので継続することにしました。

2017年11月20日月曜日

トレーニング再開 / 七五三

土:ローラー66m 252w NP261w(20m290w)
日:ローラー70m 276w NP281w(60m288w)

週末あたりからぼちぼちトレーニングも再開。といっても、基本的に毎日通勤で往復30kmをチャリ通してるので、ローラーしてない日でも少しは運動してるわけですが。
木曜日ぐらいまで暴食してたけど、全身がパンパンに浮腫んでまともに動けないのが残念な気分になり、通常の食生活、というかおきなわ前のオートミール生活にもう戻ってしまった。まあいい傾向です。ここ2年ぐらい、この沖縄後の暴食傾向からなかなか抜け出せずに苦労してたからなあ。
食事が戻ったことと土日のローラー活動でなんとか浮腫みも大分マシになって、体重も68→64kgまで戻りました。
今後オフシーズン中は、基本的には適度に食事摂取しつつ、たまには気にせずたくさん食べる、という感じでいこうかと思ってます。

水曜日に脚パンな状態で近くの公園でランニングしてみたら右脚の筋肉を痛めてしまった。やはり浮腫みがひどくて筋肉のコンディションが劣悪な時にランのような筋肉にダメージを与えるトレーニングをいきなりすると容易に痛めてしまう。金曜にもう一度走ってみたら4kmもたたずしてまた同部位が痛くなってきて走れなくなり終了。
幸い自転車こぐ分には問題ありませんが、早々にランニングシーズンが終了した予感…。

実はそうでなくても、今シーズン、もうマラソンに照準を当てるのはやめて来年の自転車シーズンに向けたトレーニングを行っていこうかなと考えています。
マラソンへ向けてトレーニングを積んでいくことはそれ自体は楽しいのですが、レースが近づくと体重も気にしてしまうし、自転車の競技レベルを向上させたいのならそのためのトレーニングをもっとしたほうがいいのでは?と考え直したのです。
今年を振り返ってみると、自転車に専念し始めてからはかつてなく順調に継続してトレーニングができました。しかしベースの有酸素能力は上がっている気がしますが、LT以上の出力自体は以前より落ちているなと感じました。
ボート競技で最盛期にあった筋力、パワーが、特に自転車に専念して減量などを繰り返すうちに年々貯蓄を食い潰して低下していってるのでは?と感じています。
昨年は結局、2ヶ月程度で筋力トレーニングをやめてしまいました。今シーズンはもう一度、以前はあった筋力を取り戻すために、オフシーズン序盤から継続して筋力トレーニングに取り組むことに決めました。

というわけで再入会しました。

4月からの職場がどうなるかわかりませんが、とりあえず来年もレース活動ができると仮定して、レベルアップのためのトレーニングをしていく予定です。その他のアプローチも考えていて動き出しています。
いやあ、来年に向けたトレーニングを考えるのってワクワクしますねえ。まあそれを継続できるかが重要なんですが。さらに継続できても実際に速くなるかはわかりませんが。
自転車選手として一皮剥けるべく、来シーズンに向けたトレーニングを行っていこうと思っています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
土曜は仕事が終わってから久々にエキスポシティへ。恒例のOrbi。


お気に入りのゴリラのシアターにて。


ひろばでクリスマスフェアが開催されており、マリアさんの前で。


日曜に七五三などの写真を撮影に。



息子が娘を大事にしてくれているので嬉しい限りです。

夜は家族でカレーを。

最近、本当によく笑うようになりました。

2017年11月16日木曜日

沖縄旅行

沖縄から大阪に戻り日常が始まっていますが、レース後も火曜まで休みで沖縄に滞在できたので家族でゆっくりと過ごすことができました。

レース当日夜はBlue Seal後に部屋で反省会。

反省しつつ、適度にお菓子などを…と思っていたらほぼ全部自分の胃の中へ…。
翌朝はなんだか動きたい気分で、持参していたラン用Garminを装着して21世紀の森公園へ。
6分/kmペースから入って、芝生の周りをぐるぐると。特に最初に走り始めるのには芝生は最高だ。ペースが徐々に上がっていき、最終的にラスト1kmは3:52/kmとなっていた。トータル40分ほど。
最初としては上出来だろう。
戻って朝食会場でパンを食い散らかし、準備してから恩納村のホテルへ。息子をプールで暴れさせるために妻が予約してくれていた。
行く途中に道の駅許田に寄り、サーターアンダギーなどを購入。初めて行ったのですが、ここのサーターアンダギーが美味しすぎて購入した6つが一瞬で消えてしまうという…。
ホテル到着し、息子とプールへ。

貸し切り状態で存分に暴れまわりました。
部屋に戻ってからアップでお菓子を摂取してから夜はバイキングで食べ放題に。
最後の〆と称してしてアイスクリームとドーナッツのコーナーへ何度足を運んだことか…。
食事後、サービスでついていたゲームコーナーのメダル引換券があったので息子とゲームコーナーへ。
ゲームセンターはまだ3才の息子には早すぎた感があるけどまあそれなりに楽しめた。
疲れと眠気で暴れだした息子を眠らせてから、私はレースレポートなどを書きつつ、コンビニコーナーで買い込んだお菓子やサーターアンダギーなどをたしなんだ。適度にね、ええ適度に…。

夜更かしてしまったので、翌朝は走れず。ちょうど雨だったからどちらにせよ走らなかったか。それより浮腫みと腹パン具合がすでにやばい。
朝食バイキングでやはりパンが美味い。バナナケーキとベルギーワッフルが美味しくてまた5回ぐらい往復を…。
昼過ぎに帰宅準備して空港へ。美味しそうなパン屋でパンを買い込み昼飯に。最後だからと搭乗口のところで〆にBlue sealのソフトクリームを。

うむ。悔しいけど楽しい旅であった。

久々に家に帰ってきたら息子は家のおもちゃで遊ぶのが久々でうれしいのか、あらゆるおもちゃをぶちまけてカオスに。
外食するのも作るのも面倒なのでピザを注文してみた。近所なので取りに行ったけど。
久々のピザは美味い。食後のおやつをLAWSONで買い込んでいたので適度に摂取して終了。

体重という概念を思い出して恐る恐る乗ってみる。

レース前+7〜8kg程度?まあ、想定範囲内だったので安心。

安心してしまい、家にあったこいつで〆。

ツールドおきなわ2017。悔しかったし、レース中はこれはマズいマズいと思ってることが多かったのであまり楽しめなかったのかなと思ってたけど、終わって色々振り返ったりしているとやっぱりめちゃめちゃ楽しかったな。
レースの何ヶ月も前から、これが必要だとか、こんなトレーニングしようかとか、こんな食事にしようとか考えて実行するのも楽しいし、ライバルの動向をチェックしてどんな選手がどんなコンディションでやって来るのかにそわそわするのもまた楽しかった。
きっと同じような境遇のいい歳したおっさん達が、社会では全く役に立たない自転車レースでの勝利のために、全力で準備して、それを全力でぶつけ合うのが最高に楽しいんだろう。日常生活ではそんなことないからなあ。

終わったばかりだけど、もう来年に向けてどんなことをしようか考えてワクワクしている。
また来年も楽しみだ。出れるかどうかは知らんけど、やれるならまた全力でいい準備をして挑もう。