2016年11月27日日曜日

ローラー60分282wなど / cyclowiredにおきなわレポート掲載 / 両親来阪で

金:ローラー30分 253w
土:am.ローラー45分 223w
    pm.ローラー60分 282w+ジョギング30分程度 
日:ローラー2h 267w

沖縄のために当直業務などを後半に回したりしているため現在盛大にそのツケを払っているところ。週2であったり日夜が3週連続であったりして萎えるけど全く後悔はしていない(笑)

時間がある時に気の向くままにローラーを。
相変わらずお菓子などけっこう食べてはいるが、大分落ち着いてきたところ。そろそろ終焉を迎えそうな雰囲気も。
ぼちぼち運動もしているため、脚の浮腫みも消えてきてよまともに動けるようになってきた。
そのため土夜は久々にベーシックな1時間280w程度で。いや、やるつもりはなかったけど入りで思ったより出力が出てしまいせっかくカロリーを消費できるチャンスなのでそのまま1時間ほど。というか最後は280wに乗せるためにちょっと上げたけど。
体重が増えて大腿部自体に質量があるためか、勝手に出力が出る感覚がある。

終わって直後に久々にジョギングへ30分ほど。
昨シーズンはランニングを継続的にやっていたのが1月頃までで、最後にたまたま気が向いて1時間ぐらい走ったのが6月か7月頃だったような気がするのでほぼ10カ月程度走っていない状態からの再開となる。
こういう時に調子に乗って走ると(前回もそうだったけど、以外と走れるのでついついやり過ぎてしまう)翌日以降に全身の筋肉痛がひどい状態になるので、初めは緩いジョギングから慣らしていくことに。
期間を開けて久々にやると、どこが一番ダメージを受けるかというと、肩甲帯周囲の筋群がダメージを受ける。肩甲帯は筋肉で体幹にぶら下がっているだけなので、ランニングで揺さぶられる(サイクリングではこれは生じない)と、これらの支持している筋群が損傷するからなんでしょうか。昨日はこれを恐れてかなりゆっくり走ったけどやはり30分程度で背部痛が出てき始めていた。無理しなかったので今日は今のところ、肩甲帯を始め下肢、体幹部の筋肉痛もそんなにない状態に抑えることができた。しばらくはこんな感じで、ランニングに必要な筋肉や靭帯などがある程度強化されるまで、ローラー後などに少し走る程度でぼちぼちやっていこうと思います。

あと、Garmin 910XTが故障してランニングに使えるGPSがなくなってしまったので仕方なくiPhoneを持ってSTRAVAを使ってみたけど、GPSの精度が悪すぎて全く使えない。来月ぐらいになったらなんとかせなあかんな…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
cyclowiredにおきなわの自分のレポート記事を掲載していただきました。
内容はほとんどこのブログのレポートと同じですが、一部変更、加筆していますのでもしよければ一読ください。落車してからどの写真にも写っていないことが強調されていて面白いです(笑)しかし高岡さんのレポートと比べると何ともユルい感じが…。


学校坂の上りを終えた後、落車までのまだ私が生き残っていたころの貴重な写真を探して掲載していただいてます(笑)来年は最後までもっとこんなバトルを楽しめるように準備していこう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
昨日は両親が遊びに来てくれていたので当直から帰宅後、ローラーしてから昼飯に千中へ。
恒例ですがゲーセンの太鼓を見つけ(というか、これがあることを把握している)、しばらく叩いて楽しむ。

ご飯のあと、再び千中の公園へ。


家族全員に追いかけられ、野山を駆け回り逃げる息子氏。けっこう速い。

夜にスーパーで妻が見つけた自転車がらのワインを頂きました。普段家でのむことなんて滅多にありませんが、この時期ならではでしょうか。

 
日曜、協会にて。機材がいいからかなんだかサマになっている…(上達もしているらしい)。

2016年11月23日水曜日

ローラー70分 251w / Striderで / ドーナッツビュッフェ

ローラー70分 251w

当直やら、夜更かしして朝起きれずで2日ぶり?のローラー。
後述の理由のため腹パンのままローラー開始。お腹が出てて動きにくいけど、久々に脚はよく回る感覚あり。最初から200wちょい、徐々に上げていって後半は260〜270wで、平均252wで終了。腹パンな以外は楽に気持ちよく漕げた。
いまだランニングできていないけどまあいいや(笑)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日ムダに夜更かししてしまったため朝に運動できず。仕事に行き、昼過ぎに妻と息子と公園で合流。寒い。
 

 
走り回って逃げる息子。

 
オフロード好きな息子。

 
Striderを購入してもうすぐ1年経ちますが、ついに地面から足を離してバイクに「乗る」ことが出来るように。おきなわ以降、ちょっとStrider熱が高まっているようなので、レースに連れてった甲斐は少しはあったかな?(笑)

さて、このあとはかねてより行ってみたかったミスドのドーナッツビュッフェへ。一度行ってみたかったので今しかないと(笑)自宅からかなり近い店舗でやっているとのことで公園から直接向かう。ちなみに息子は遊び疲れてご就寝(笑)
朝練習未遂に終わったため運動出来ておらず、昼飯は食べてないとはいえ、ビュッフェのためのコンディショニングはやな不良だが仕方ない。
1時間で1200円、店にあるドーナッツはどれをとってもよく、ドリンクバーもついていたりとかなりお得感あり。まあ食べれる人にとってはだけど。一度に3つまでで、レジへ持っていく仕組み。
 
 
 
 
 
さすがに(?)4セット目ぐらいから美味しく食べれなくなりつつあるのを感じたため、まあ無理はしないでおこうと気持ち悪くなる前に5セット目で終了にした。密かに崇拝している某スイーツクライマーの方ならこんなの朝飯前なのだろうか。
お店を出た時はまあしばらくはドーナッツいいやと思ってたけど、帰ってローラーした後にはまたいつか行ってもええなと思ってました(笑)

 
夜は最近ハマっている大きい風船遊びで興奮しまくってました(笑)

2016年11月22日火曜日

ツール・ド・おきなわ2016振り返り ①機材、装備編

今年も昨年に続き、使用した機材などを備忘録的に記しておこうと思います。
基本的に昨年と同じですが、一部マイナーチェンジはあります。
レース前夜に撮影した今年の決戦仕様。

フレーム:Look 595 
ホイール:GOKISO 38mm ワイドクリンチャ―(GOKISOよりレンタル) 
タイヤ:Continental supersonic(GOKISOよりレンタル) 
コンポ:Dura ace 9000(カセットはUltegra6800) 
クランク:fc-9000 52-36 170mm 
カセット:cs-6800 11-28 
チェーン:Sacra SLFチェーン
ハンドル:3T Rotundo team 420mm 
ステム:3T ARX team 120mm 
サドル:Bontrager Serano RXL 138mm 
ペダル:Time RXS carbon 
シューズ:Shimano SH-R321B 
ヘルメット:KASK protone 
アイウェア: Oakley Radar 
ウェア:Sunvolt pro fit

フレーム:
昨年の夏前にヤフオクで見つけて購入。現在のフラッグシップモデルと比べると重量面などで差があるかもしれませんが、US nationalカラーと共に乗りやすさの面でもお気に入りです。 
ところで例のウィップ感(?)についてはいまだわからず(笑)

ホイール、タイヤ:
今年もGOKISOさんからお借りさせていただきました。確実に実感できるのは下りの速さ。レース後に高岡さんとも話していたのですが、おそらくハブの性能+重量(重い)+Supersonicとラテックスチューブの転がり抵抗の低さの複合的な要因なんだろうと。たぶん上りではLightweightの方が速いんだろうけど(実際に何度か実験した人のデータも見ました)。しかしおきなわのようなコースではGOKISOに優位性があるのかもしれない。まあ強い人は結局、ちゃんと整備されてそれなりにいい機材なら何使っても速いんだろうけど。とりあえず僕は相性もいいし、スムーズな感覚が好きで今年も使用させていただきました。いや、ほんと落車で壊さなくてよかった…。

【昨年からの変更点】
クランク、チェーンリング:
昨年どうしてもアウター50だと下りで回りきってしまう感があったのでシーズン前にクランクごと交換して52-36へ。加えて、170mmの方が無理なく回せる感があったたため172.5mmから変更。まあクランクはどっちでもいいのかなって感じですが、52-36はいろいろと使いやすい組み合わせだと感じてます。

シューズ:
5月頃にずっと使っていたシマノのトライアスロンシューズのソールが割れているのが発覚したため、富士ヒルクライム後にシューズを物色。Bontragerのシューズのフォイクトモデルのシルバーのやつがめっちゃかっこええなと思っていたのですが、ちょうど富士ヒルでブースが出ていたので試し履きしてみたら、足を入れた瞬間、あ、これはたぶん違うな、と感じた(笑)ので残念ながら断念。お店で他の物を試着したところ、やはりシマノのこのシューズが足を入れた瞬間に、あ、これやわ、と感じたので購入。ちょうどBoaダイヤルのニューモデルが出る前でかなり値引きされていたのも決め手。
最初、履いた時のフィット感とは裏腹に、長距離乗ると足部のしびれ感が出現していたので、ひょっとするとソールが硬過ぎるのかな…と思って、ヤフオクで(またか)スペシャのナイロンソールのエントリーモデル(comp)の中古靴を買ってみたらこいつがなかなかよくて、どっちを使おうか迷って両方使っていたのだけど、そうこうしているうちにたくさん乗りこんでいると、足も鍛えられてきたのかシマノシューズでもしびれ感をほとんど感じないようになってきて快適に。ブルーのカラーも好きだし、やはりナイロンソールに比べると、自分の動きが無駄なく入力される感じはあるから結局こちらを選択して1カ月はこれで練習してレースでも使いました。ただナイロンソールはなかなかよかったし、今後も使ってみて検討してみたいところ。ひょっとして剛性が低い分脚が残りやすいとかはあるかもしれないし。
ところで、フレームの剛性とかはあまり色んな自転車に乗ったことないのでわからない私ですが、このソールの剛性の違いは明らかに分かりました。というかシマノの高剛性のフラッグシップモデルと比べると、ナイロンソールって普通の靴みたいです。めっちゃ歩きやすい(笑)

チェーン:
これが今回投入したホイール以外のいわゆる「決戦機材」。ちょうどチェーンがのびて交換時期だったので、レース前に交換することを検討していたところこれを発見、思い切って使ってみることに。コーティングはそんなにもたないらしいのでレース前日の夜に交換し、ぶっつけ本番で使用。まあ、同じDura-aceのチェーンなので問題ないだろうと。通常走行において2~5Wのセーブになるとのうたい文句(実証データあり)ですが、そんなの走っていてわかるわけありません(笑)
ただ、ドライブトレインってかなりパワーロスが生じる箇所らしいし、乗っている感覚としては異常にスムーズで気持ちがいいので、そのぐらいのパワーセーブがあるのかもしれません。パワーメーター使ってる人ならわかると思いますが、そのよくわからん2~5wを向上させるのに日々トレーニングを積んでいるわけで、それだけを向上させるのがいかに大変かということを考えると、もし実際にパワーセーブできるなら、ここぞという決戦では迷わず使うべき機材かと思います。来年も出場するなら使うかどうか聞かれたら、おそらく使うと思います。

アイウェア: 
ずっと前に妻からプレゼントで貰って使い続けているブラックのOakley Radarですが、最近レンズにのコーティングのハゲ、細かい傷の増加などで視界が悪くなってきて、もともとブラックの偏光レンズで暗い時やトンネル内などでは危険性があったので交換を検討。かなり安くなっていたのでRadar EVも検討しましたが、特殊な頭部形状の私に合うかわからず(現Raderも自分で若干加工してある) 、また見た目的にもRadarのほうがイケてると思っていたので、結局レンズのみをPrizm Roadに交換。加えてフィット感を高めるために、GoodmanLens社製特大ノーズパッドを導入。この交換はどちらもかなり良かったです。視野は明らかに見やすくなってストレスが減ったし、ノーズパッドによってアイウェアの位置が上がり、フィット感は明らかによくなりました。

ウェア:
今年は仕事が忙しくなることが予想されたため、昨年所属して実業団レースを走らせてもらっていたVC Fukuokaからは離れさせてもらい、おきなわは一番の目標としつつ、出場できるホビーレースにぼちぼち出ようというスタンスでやっていました。そのなかで、妻の父の会社のMagellan Systems Japanの名前を背負ってレースを走ることになり、Sunvoltでジャージを作成させてもらいました。ちなみに私のデザインです。pro fitジャージはジャージS、ビブMにしていますが、最初、ジャージはフィット感がよくて気に入っていましたが、ビブショーツがきついのか合わないのか、局部が圧迫されてロングライドで痛みが出るほどだったので(たぶん同様の症状を自覚された方はそれなりにいるはず…(笑))、下だけいつも着慣れた練習レーパンで出ようか迷ってました。まあせっかく作成させてもらったモノなので使おうと、普段の練習でも積極的に使用して、伸ばして身体に慣れさせていったところだいぶ良くなりました。それに加えて、そもそもレース用の立体形成されているはずなので、股関節最大屈曲位にした状態で、臀部のあたりの突っ張りが減少するように、股間の部分をしっかり奥まで押しこんで着るとフィット感がよくなることに気付き、それ以降よくなりました。
少々脱線しますが、レース本番で身につけるものは、いつも使い慣れて問題ないことが判明しているモノを使用するのはかなり重要だと思っています。私はレースウェア関連で失敗したことがあり、最大の失敗は、2012年、トライアスロンのユニバーシアード(世界大学選手権)@台湾に日本代表で出場した時で、レース前に渡されてレースで初めて使ったのですが、どうもキツくて合わず(特にケツの稼働域が制限された感じ)、バイクでも走れず散々な結果に終わりました(確か30位ぐらい?)。レースであまり使用してない「レースウェア」を使用している方は要注意だと思います。
またさらに少し脱線しますが、私はウェアで股関節の稼働域が制限される(少なくとも、そういう感覚がする)のが嫌いで、そのためボートをやっているときからタイツを使用するのが嫌いで真冬でも生脚でした。冬場に外で練習するのが嫌いなのは寒いからというより、防寒のためにたくさん着込んで動きが制限されるのが嫌なので、それよりはむしろレーパンのみの上裸でローラーしてた方が好きなんです(笑)
レース後に、家族でお揃いのMSJジャージです。


来年へ向けて変更する可能性がある箇所といえば、
・できたらいつかクランク型パワーメーターを導入して(普段はPowerTap)、レースのデータをとれるようにしたい。
・レースで落車でブラケットが両側内転して、ハンドル幅が狭くなったのと同じ状態になって走っていたのですが、その時に以外と使いやすいことに気付いて、かつエアロ的にも優れているはずなのでこりゃけっこういいかもしれんとcyclowiredのアダム・ハンセン氏の記事を思い出しながら走っていました(笑)
機会があれば一度380mmのハンドルも試してみたいです。
・サドルは不満がないので変更するつもりは今のところないですが、カーボンのベースがかなりヘタってしなっており、そのうち割れるんじゃないかと思っているぐらいなので予備のものを用意しておいた方がいいのかもしれません。
・今回時間がなくて結局自分で整備しましたが、直前にGOKISOでホイール交換の際にドライブトレインの整備をしてもらった時に(本当にありがたいことです)、テンションプーリーがすり減って変速性能が落ちているなど指摘されたり整備不良があったので、やはりプロに整備してもらうようにした方がいいのかもしれません。というか絶対整備してもらった方がいいでしょう(昨年も書いていたような気が…。)。

来年も出場できるなら、おそらくほぼ同じ自転車で出場することになると思うので今後ともこいつをよろしくお願いします(笑)

次回は「②補給食編」を時間がある時に記載予定です。

2016年11月20日日曜日

ローラー2h 232wなど / 久々に2人だけのデート

体重は絶賛増量中ですが、少しでも抵抗するためにぼちぼちトレーニングしてます(笑)

水:旅行から戻り、いきなり当直…
木:ローラー90分 213w
金:ローラー30分 211w
土:ローラー2h 232w 
日:ローラー30分+80分 210w程度  そして当直へ…

木曜は浮腫で脚がパツンパツン過ぎて変な箇所(内側広筋)がやたら張ったりする現象が起きたが、徐々にマトモに動けるようになってきた。追い込んだりはせずに気楽に回してるだけです。とか言って土曜日は10分300w以上とか入れちゃってますけど、まあそれも気の向くままなんで。
しかしまだほぼピークコンディションであったはずの沖縄から1週間しか経ってないのに、この落ちっぷり(笑)コンディションを上げてくのは日々の地道な作業ですが、落ちるのはホント一瞬で落ちれますな〜。

ある程度体重も落ち着いて動けるように戻ったらランニングを再開しようと思ってます。本当は今日30分ぐらい走れたらと思ってたけど、仕事などで時間がとれず。まあ今は楽しく好きなことをやっていこう。沖縄終わったばかりだけど、食欲は止まらないものの、毎日運動したいな、と思ってるのはよいことだ。たぶん今年はメンタル的にも無理し過ぎず楽しく練習できたからだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
土曜日は午後から妻の実家で息子を預かってもらい、妻とデートへ。こんなんめっちゃ久しぶり。

 
妻の実家にある和太鼓に夢中になっている間に我々は退散(笑)

 
FJTさんのブログで前から気になっていたカフェマンナに行ってみました。天気がよかったら2人でポタリングがてら行こうと思っていたのですが、天候が微妙だったため車です。

迷ったけど、せっかくなのでパナマ・ゲイシャを注文。何とフルーティーな味わい。これは注文してよかった。 

 

妻はケーキセットを注文。この可愛らしいカプチーノの絵柄は飲んでいても最後まで消えず。
最高のコーヒーと共にゆっくりとした時間を過ごせた。こんなんいつ以来だろうら本当に(笑) 

近くの天澤寺に行ってみました。
 
誰もいなかったけど美しい紅葉で、穴場でした。

最後に屏風岩を見て、帰宅。

その間息子はというと… 

カニを見つけたり、 

 
義父とシーソーで遊んでもらったりして泣かずに楽しく過ごしていたようです。

日曜は私は仕事でしたが、妻達は教会にて。
 

この教会にはドラムが置いてあるらしく、これをやるのがいつもの楽しみらしい。
 
楽しそうだ…(笑)

沖縄のために当直業務などを11月後半に全て回したのでけっこうキツいですがなんとか乗り切ろうと思います。

2016年11月16日水曜日

夏休み 沖縄観光

レース翌日。
今年はここで遅めの夏休み②を取得させてもらったので、なんと火曜まで沖縄に滞在できる。最高過ぎる。
前日な予想通りというか興奮が冷めやらないのか夜なかなか寝付けず、さらに5:00前には目が覚めてしまった。
恒例のことながら、レース当日はよく頑張ったことに満足していても、徐々に悔しさが増してくるもんです。今回は運が味方して2位にはなったものの、一番面白い勝負所にはいなかったわけで、やはりあそこで勝負したかったなと。また来年、勝負を楽しめるように頑張ろう。

今回も非常にお世話になった妻の母を空港に送っていくために早めに起きてバイクを梱包し、出発前の朝食でパンバイキングでこれでもかとクロワッサンを食べまくる。
 
一体、これを取りに何度往復したことか…。

レース2日前からかなり食べてたけども、炭水化物を気にすることなく好きなだけ食べれるの最高過ぎる。
しかし今回は、昨年や富士ヒルクライムの時ほど減量がキツくなく割と自然に減らせたのでそこまで食欲が暴走しそうにはない予感(…とこの時は思ったけど結局暴走してます(笑))
朝から満腹になって出発。レース会場から近いし、朝はパン食べてゆっくりできて最高でした。

空港まで送ってから我々家族は首里城へ。毎年沖縄に来てるけど初めて観光客っぽい感じなことをしてみる(笑)
 
小さい頃行ったことがあるのかもしれんけど、記憶にはないので初めて同然か。
落車後のダメージもそれなりにあり、レース後でかつ寝不足の身体には息子が走り回るのがキツい。
 
妻はいつも、彼の食べ物やらオムツセットやら遊び道具が入ったクソ重いリュックを背負い、さらに眠くなったら抱っこ紐で息子を抱っこした状態で歩き回っていてタフ過ぎる。私などレースが近づいて身体が自転車にフィットしてくると、自転車漕ぐのは速くなってくるけどそれ以外のことはどんどん貧弱になってくるのでとてもそんな重い物を背負って歩き回ることなんてできない。

 
タフ過ぎる我が妻。

首里城を後にして那覇の国際通りの繁華街へ。
 
お昼ご飯はZooton'sでハンバーガーをがっつりと。いやいや最高です。動き回ってた息子が寝たので久々に妻とゆっくりした時間を過ごせた。


お店を出た後はお菓子御殿で試食をしたり、市場でサーターアンダギーを買い食いしたりして幸せな気分に。
 
市場を出てすぐ近くの児童館で息子が三輪車に乗りたがったのでやらせてみたり。
 
ここでペダリングを教えたりするけども、初めて体験する「ペダル」という構造物をうまく操作できず。教えようとすると自分でやると聞かなくて払いのけられたり(笑)こういうところは誰に似たのか…
 
うまく動かせる時もあったが、初動でトルクが必要になるとうまく動かすことができず、悔しくて叫んだりするが、かといって手伝ってもらいたくはないみたいで近づいてアシストしようとすると叫んで拒否する頑固っぷり。
 
我々はこのメンタルが将来いい方向に向かうことを祈りつつ見守ることにして小一時間、流石に最後は収集がつかなくなり撤収しました(笑)
 
思うようにいかず、苛立ちを隠そうともしない我が家の皇子(笑)

 
空港近くの瀬長島のホテルにチェックイン、家族でスーパームーンを眺めて最高な時を過ごしました。

 
夜はまた「氾濫バーガー」で特大のハンバーガーを…(笑)
 
この店の前に素敵なバイクラックが。

 
ハンバーガー、ポテト、ルートビア(笑)

温泉がうりのホテルだったけど、傷が痛むので私は入らず、お菓子食べたりブログ書いたりしてゆっくりと過ごし、レース翌日の幸せなひと時を過ごしました。

2日目
朝起きて、ホテルのバイキング(またか)で美味しい朝食をがっつりと。というかまたクロワッサン食べ過ぎて動けなくなった(笑)
 
フライトまでちょっと時間があったので近場でひめゆりの塔へ。なかなか今までこういうところへ来れる時間がなかったが、沖縄戦終盤の歴史について知ることができて有意義な時間を過ごせた。
 
朝食べ過ぎたのでお昼はスタバで摂取してみたかったピーカンナッツフラペチーノを購入して機内でいただく。
最高(それしか言えんのか)。
 
だいぶお疲れだったみたいでこんな感じで眠りにつき、帰りの機内ではずっと寝てくれていました(笑)


帰宅後、今回の旅行の締めに向かったのはこちら。
 
ケンタッキー箕面小野原店。全国で2店舗しかない食べ放題があるお店だ。
チキンの他にポテトやスコーン、サラダ(今回は目もくれず)、ソフトクリームなどサイドメニューも充実しておりそれで平日1550円とかなりリーズナブル。
 
チキンやポテトを満足いくまで食したが、6月にEXPOの食べ放題行った時は限界領域に踏み込み文字通り動けなくなった経験があるのでその手前でストップし、締めにソフトクリームとコーヒーゼリーをいただいて終了。最(ry
 
とても充実した沖縄遠征でした。
翌日から現実世界が待っているわけでしたが…

翌朝、軽量化した状態で体重計に乗ってみた結果がこちら。
 
先週木朝に59kg台じゃなかったですっけ?(笑)